菅首相の初外交に合わせて日米豪印が連携 アジア太平洋の将来左右する「4カ国の戦略的対話」を注視せよ

 【国家の流儀】

 菅義偉首相は、外交が不得手だと言われるが、果たしてそうなのだろうか。

 10月18日から22日、菅首相は初の外遊、つまりベトナムとインドネシアを訪問した。その目的は、日本主導の「自由で開かれたインド太平洋構想」に対する支持を取り付けることであった。

 19日には、ASEAN(東南アジア諸国連合)外交に関する政策スピーチを行い、「南シナ海をめぐる問題の全ての当事国が、力や威圧によらず、国際法に基づく紛争の平和的な解決に向け努力することが重要だ」と、中国の南シナ海「進出」を批判した。

 ほとんどの人が見逃しているが、この19日の菅首相のスピーチに合わせて次のような動きがあった。

 第1に、米海軍、海上自衛隊、オーストラリア海軍の艦船が、中国の海軍基地がある南シナ海において共同訓練を実施した。菅首相のスピーチを日米豪3軍が側面支援したわけだ。

 第2に、インド国防省が、日米両国と毎年実施している合同海上演習「マラバール」に今年はオーストラリア軍も参加すると発表し、「クアッド(Quad)」と呼ばれる「日米豪印戦略対話」が着実に進んでいることを強調した。中国との国境紛争を抱えているインドも、日米豪との軍事連携強化に踏み切ったわけだ。

 第3に、岸信夫防衛相は19日、オーストラリアのリンダ・レイノルズ国防相と防衛省で会談し、自衛隊が他国の艦艇などを守る「武器等防護」の対象にオーストラリア軍も加える方向で調整を始めることを確認した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ