安倍レガシー「自由で開かれたインド太平洋」進化なるか 豪報道は歴史的「日豪安保」締結も日本では… これでは国民に事態の深刻さ伝わらない

 【有本香の以読制毒】

 17日午後、短い時間だったが、安倍晋三前首相に面会した。取材ではないので、本来は話の内容はもちろん、面会したことも伏せるべきだが、夕刊フジ読者の皆さま含め、「安倍氏の近況を教えて」という声はとにかく多い。そこで、直近の様子のみをお伝えしようと思う。

 前回お目にかかったのは1カ月半前の9月下旬だったが、その時と比べて明らかにお元気そう、かつリラックスしているように見えた。順調に健康を取り戻しておられることは確かだ。

 その安倍氏は、私が面会した数時間前、来日したオーストラリアのスコット・モリソン首相と会談していた。ランチを含む約1時間の面会は、菅義偉首相との日豪首脳会談よりも前のタイミングで行われた。

 そもそもモリソン氏の来日は、安倍政権時の今年1月に予定されていたものが延びていたものだったので、先方が安倍氏との会談を望んだという事情はあるだろうが、とはいえ、この順番と時間は異例である。

 そのためか、当日のテレビニュースでも、首脳会談と安倍氏との会談をほぼ同等に報じた局もあった。

 しかし、このモリソン首相来日の一連の大メディアの報道に筆者は大いに不満だ。まず、どのメディアも、ことの重大さに鑑みて扱いが小さすぎる。菅新政権発足後、初めて来日した外国首脳であり、しかもコロナ禍が続くなか、帰国後は2週間の自宅待機を余儀なくされる自国の事情がありながら、押して来日したのだ。それはなぜだったのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ