菅首相の連夜会食、自粛を否定 加藤官房長官

 加藤勝信官房長官は20日午前の記者会見で、菅義偉(すが・よしひで)首相が国内の新型コロナウイルスの新規感染者数増加を受けて連夜の会食を控えるかを問われ、「さまざまな分野の方々にお会いし、多様な意見に触れることは大変、重要だ。既に感染予防の観点から必要な注意が払われている」と説明し、自粛しない考えを示した。

 首相が飲食を通じた感染リスクを低減するため、食事中も会話の際にはマスクを着用する「静かなマスク会食」の実践を国民に呼び掛けたことを踏まえ、加藤氏は「首相自身が徹底したいと発言したところであり、当然、しっかりと実行していくものだと思う」と強調した。

 安倍晋三前首相は新型コロナの感染拡大を受け、夜の会食を約3カ月間控えていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ