国連の北朝鮮非難決議に加藤長官「拉致問題に国際社会が強い懸念」

 加藤勝信官房長官は19日午前の記者会見で、国連総会第3委員会(人権)が日本人拉致問題を含む北朝鮮の人権侵害を非難する決議案を投票を経ずに議会の総意で採択したことに対し、採択を歓迎した上で「拉致問題をはじめとする北朝鮮の人権状況について、国際社会が強い懸念を引き続き有していることの表れだ」と語った。

 加藤氏は「拉致問題の解決には国際社会との連携が重要だ。今回の決議採択を通じ、そうした取り組みをしっかり進め、国際社会における機運の醸成を図っていきたい」と述べた。

 また北朝鮮に対しては「国際社会の声に真摯(しんし)に耳を傾け、拉致問題の早期解決に向けた具体的な行動をとることを求めていきたい」との考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ