「親中」バイデン政権で日米同盟は大丈夫? 「左派メディアは『安定し、良くなる』と考えているがプロパガンダに過ぎない」 自民・青山繁晴氏が激白

 菅義偉首相は12日、米大統領選で当選確実が報じられた民主党のジョー・バイデン前副大統領と電話会談し、日米同盟の強化を確認した。ただ、バイデン氏は「親中派」とされ、新政権が対中融和路線に傾斜すれば、日本の立場が危うくなる可能性がある。わが国の安全保障は大丈夫なのか。自民党の保守系有志議員でつくる「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」代表の青山繁晴参院議員が激白した。

 ◇

 「今後4年間で、日米同盟が危うくなるとは考えにくいが、動向は十分注視したい」

 青山氏はこう語った。

 安倍晋三前首相と、ドナルド・トランプ米大統領の個人的信頼関係もあり、これまでの4年間で日米同盟は強化された。昨年5月28日、神奈川県・横須賀に停泊中の海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「かが」に、トランプ氏を乗せた大統領専用ヘリコプター「マリーンワン」が着艦し、日米両首脳が双方の隊員を激励したことは象徴的だ。

 トランプ氏は、軍事的覇権拡大を続ける中国にも厳しい姿勢を維持してきた。だが、今回の大統領選では、不利な決着が見えつつある。

 青山氏は「左派メディアは『バイデン新政権になれば、これまでとは違い、世の中が穏やかに安定し、良くなる』と考えているようだが、プロパガンダに過ぎない。世界は逆に不安定化するだろう」と指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ