栃木県知事・宇都宮市長W選、15日に投票 現新2氏の争い

 任期満了に伴う栃木県知事選と宇都宮市長選のW選は15日投開票される。

 無所属新人の元NHK宇都宮放送局長、田野辺隆男氏(60)と、5選を目指す無所属現職の福田富一氏(67)の知事選は、新型コロナウイルス対策や多選の是非などに関して論戦が続いてきた。新型コロナの影響で選挙活動が制限される中、両陣営は最後まで票の上積みに全力を注ぐ。

 田野辺氏は県政の刷新を掲げ、脱原発・エネルギー自給や同性パートナーシップ制度などの「新しいビジョン」を主張。最下位となった都道府県魅力度ランキングに関し「知事の発信力不足」を指摘し、森田健作・千葉県知事の不出馬表明を引き合いに多選を批判するなど、最新のニュースにも触れて訴えを続ける。

 保守層浸透へ野党共闘による支援を固辞、「無所属県民党」を掲げる田野辺氏。各地の勝手連が支える街宣活動に加え、動画配信サイトを積極的に使い浮動票の掘り起こしを狙う。

 福田氏は新型コロナ対策と社会経済活動の両立、昨年の台風19号被害からの復旧・復興を最優先課題に掲げ「県民の命と暮らしを守る」と訴えている。多選批判に対しては「有権者の判断に委ねる」とし、相次ぐ災害・経済危機に対応してきた経験や、県民所得を全国3位に引き上げた実績を強調し、支持を求める。

 県組織が推薦する自民・公明両党の議員や大半の市町長に応援されながら、県内25市町をくまなく遊説する組織戦を展開してきた。約200の各種団体からも支持を取り付けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ