総務相、NHK方針に理解 ネット業務費用の上限200億円

 武田良太総務相は13日の閣議後記者会見で、NHKがテレビ番組をインターネット配信する費用の上限を年額200億円とする実施基準案をまとめたことに「青天井とならない一定のラインが引けた。受け入れるべきではないかと考えている」と理解を示した。

 NHKは受信料収入の2・5%としていた上限の撤廃を9月に表明していた。ネット業務の肥大化を懸念する声が高まり、200億円を上限とする案を今月10日、総務省に認可申請した。

 総務相は200億円が旧基準に比べ「一概に高いとは言えない」と指摘し、電波監理審議会への諮問といった手続きを進めていく意向を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ