バイデン氏「尖閣防衛義務」明言に「安心した」 立民・安住国対委員長

 立憲民主党の安住淳国対委員長は12日、米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領が菅義偉首相との電話会談で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)が米国の防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲だとの見解を示したことについて「そういう認識を持っていることに安心した」と述べた。

 安住氏は、貿易や安全保障などをめぐり米中間の緊張が高まっていることにも言及。米中関係の改善が新型コロナウイルスの克服や世界経済の早期回復につながるとして「米中の橋渡しを日本がやらなければならない」との考えを示した。国会内で記者団に答えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ