公明、広島3区で候補擁立を検討、斉藤副代表の名前も

 公明党が昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた元法相の衆院議員、河井克行被告=自民党離党=の選挙区(広島3区)での公認候補擁立を目指し、自民側と協議を始めたことが分かった。候補に斉藤鉄夫公明党副代表(衆院比例中国ブロック)が浮上している。関係者が11日、明らかにした。

 公明党広島県本部の幹部らが10月、自民党広島県連幹部に公認候補擁立の意向を伝えたが、県連側は「擁立した場合は支援できない」と協力を拒否。協議は両党の党本部レベルに移った。

 早期の衆院解散・総選挙の可能性もささやかれる中、公明側は早期に結論を出したい考えだが、「自民と公明が別々に候補を擁立するような事態は避けなければならない」(公明幹部)として慎重に協議を進めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ