あす菅首相がバイデン氏と電話会談 日米の連携確認

 菅義偉(すが・よしひで)首相は米大統領選で当選確実となったバイデン前副大統領と12日に電話会談する方向だ。複数の政府関係者が明らかにした。日米両国の連携を強化する方針を確認するとともに、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けた米側の協力を求める。

 電話会談はバイデン政権の対中政策をうかがう機会となる一方、首相とバイデン氏が積極的な姿勢を示している地球温暖化対策や、日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋」でも連携することで一致するとみられる。

 首相の訪米時期についても意見交換する見通し。日本側は大統領就任式が行われる来年1月20日以降の早期訪米を目指す。

 日本政府は現職のトランプ米大統領への配慮から、他国の状況も見ながら電話会談の時期を慎重に検討してきた。加藤勝信官房長官は11日の記者会見で「電話会談のタイミングは(バイデン氏側が)いろんな要素、事情の中で決めているのだろう。順序うんぬんは考えていないが、しかるべきタイミングで実施すべく調整を進めている」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ