馬毛島基地建設で海上調査の必要性強調 岸防衛相

 岸信夫防衛相は10日の記者会見で、鹿児島県西之表市の馬毛島への自衛隊基地建設に関し、海上ボーリング調査や環境影響評価(アセスメント)を実施したい意向を改めて示した。「市長や市民の疑問点に応えるためにも詳細な検討が必要だ。理解を深めていくように努力したい」と述べた。

 馬毛島は、米軍空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)を東京・小笠原諸島の硫黄島から移転する候補地で、自衛隊基地として運用しながら、米軍訓練を受け入れる計画だ。

 岸氏は9日、西之表市の八板俊輔市長と防衛省で面会。市長が基地建設に同意できないとの立場を伝える一方、岸氏は地元への米軍再編交付金を令和4年度予算に計上することを目指す意向を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ