野党、集中審議を要求 学術会議めぐり予算委で

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は9日、国会内で会談した。安住氏は、日本学術会議の新会員任命見送りや米大統領選の結果を受けた今後の対米政策について議論すべきだとして、月内に衆参両院の予算委員会で集中審議を開くよう求めた。日本学術会議の問題をめぐっては、杉田和博官房副長官の出席も改めて要求。森山氏は検討する考えを示した。10日に再び会談する。

 安住氏は会談後、記者団に対し、与党側が杉田氏の国会招致に慎重な姿勢を示してきたことについて「上司の菅義偉首相が(杉田氏を)かばって守っているというのは、首相が弁慶をやって杉田さんが義経をやるという本末転倒な話」と述べた。

 米大統領選で民主党のバイデン前副大統領が勝利を確実にしたことに関しては「オーソドックスな外交政策や内政、国際社会への貢献が戻ればいい。大変期待している」と歓迎した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ