バイデン氏拉致取り組みを 地村さんが期待感

 北朝鮮による拉致被害者で平成14年に帰国した地村保志さん(65)=福井県小浜市=は9日、米大統領選で勝利を確実にしたバイデン氏に対し「拉致問題に引き続き取り組み、北朝鮮に話し掛けてほしい」と期待感を示した。同市内で報道陣の取材に答えた。

 地村さんは「トランプ大統領が金正恩朝鮮労働党委員長と会い、(拉致の)話をしてくれたのは良かった」とも述べた。また「各国で圧力をかけて交渉で解決するしかない。日朝の首脳会談で解決するのが理想だ」とした。

 9日から小浜市役所内で拉致問題を訴えるパネル展が始まり、地村さんは開始式であいさつした後、取材に応じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ