自民・小野寺氏「バイデン新政権でも中国に毅然とした対応を」

 自民党の小野寺五典組織運動本部長は8日、米大統領選で米メディアが民主党のバイデン前副大統領の当選が確実になったと報じていることを受け、米国の対中政策に関し、「新政権でも毅然(きぜん)とした対応をとってほしい」と語った。産経新聞の取材に応じた。

 「オバマ政権の時代には中国に対し寛容な政策があった。(バイデン氏の当選で)中国が間違えた理解をしないようにしなければ、尖閣諸島(沖縄県石垣市)などで緊張関係にある日本の心配は募る」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ