岸防衛相、中国海警法の行方を注視 武器使用容認めぐり

 岸信夫防衛相は6日の記者会見で、中国で公表された、中国海警局の公船に外国船への武器使用を認める海警法草案について「海警局をめぐる動向は高い関心を持って注視する」と述べた。制定されれば、中国が領有権を主張する尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で漁を行う日本漁船が武器使用の対象となる恐れがある。

 岸氏は、尖閣諸島が日本固有の領土だと強調した上で「防衛省としては事態をいたずらにエスカレートさせないよう冷静に対応したい。警戒監視、情報収集に万全を期す」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ