菅首相、習主席の国賓訪日「日程調整する段階にない」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は29日の参院本会議の代表質問で、中国の習近平国家主席の国賓訪日について「まずは新型コロナウイルスの収束に専念すべきであり、習主席の国賓訪日は具体的な日程調整をする段階ではない」と述べた。「中国との間にはさまざまな懸案が存在するが、主張すべき点はしっかり主張し、中国の前向きな対応を強く求める」とも語った。

 中国公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺領海への侵入が相次いでいることについては「今後とも日本の領土・領海・領空を断固として守り抜くとの決意のもと、冷静かつ毅然と対応する」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ