「演説全体のバランス」で韓国を「きわめて重要な隣国」と表現

 加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、菅義偉(すが・よしひで)首相が就任後初めて臨んだ所信表明演説の中で韓国について「極めて重要な隣国」と表現した狙いを問われ、「日韓関係に対するわが国の立場、これは安倍晋三政権から菅政権にかけて一貫している。演説全体のバランス、最新の外交情勢も総合的に勘案して、こうした表現になった」と説明した。

 首相は「健全な日韓関係に戻すべく、わが国の一貫した立場に基づいて、適切な対応を強く求めていく」とも言及した。

 安倍氏が1月の通常国会冒頭で行った施政方針演説では、韓国について「元来、基本的価値と戦略的利益を共有する最も重要な隣国」としていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ