首相、拉致問題「あらゆるチャンス逃すことなく活路切り開く」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は24日、東京都内で開かれた北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんの父、滋さんのお別れの会に出席し、「政府として、いち政治家として大変申し訳なく思っている」と述べた。その上で「拉致問題は菅内閣においても引き続き最重要課題だ。首相として先頭に立ってあらゆるチャンスを逃すことなく活路を切り開いていく」と語った。

 首相はまた、「国民の声、国際社会の声は必ずや北朝鮮を動かすことにつながる」と強調。署名集めや国外でのシンポジウムに出席し、拉致問題の解決を訴えた滋さんの功績をたたえた。

 お別れの会には安倍晋三前首相も出席。安倍氏は「安倍政権においてめぐみさんのいる家族のだんらんを、滋さんがお元気なうちに取り戻すことができなかったことは本当に断腸の思いだ」と述べた。安倍氏はまた、首相が対北制裁法案の成立に尽力したことを紹介し、「間違いなく、これからも全力を注いでいただけると確信している」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ