岸防衛相に難題山積 普天間移設・地上イージス代替・駐留費交渉

 就任後、沖縄県を初めて訪問した岸信夫防衛相は22日、玉城デニー知事ら地元首長と相次いで会談した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を含む基地負担軽減の課題に加え、岸氏の前には解決を急がなければならない難題が山積する。安倍晋三前首相の実弟で、同じく岸信介元首相を祖父に持つ岸氏の手腕が試されている。

 「普天間の危険性を一日も早く除去し、合わせて抑止力を維持しながら移設を進める。この目標に向かって、解決できることは対話の中で進めていきたい」

 岸氏は県庁での玉城氏との会談後、記者団にこう語った。

 河野太郎前防衛相が配備断念を決めた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア(地上イージス)」に関し、年末までに代替策を決めることが前政権から引き継いだ“宿題”の一つだ。防衛省は弾道ミサイル防衛(BMD)専用艦の導入か、イージス艦の新造を主要な選択肢としているが、与党内の議論は迷走している。

 弾道ミサイルを捕捉するレーダーの性能など、技術的な面での意見の相違もあるが、自民党内には河野氏が与党への事前調整なしに地上イージス断念を決めたことへの反発が強い。防衛相経験者は「(代替策を議論する)自民党国防部会がなめられている」と反発を強め、議論に時間をかける可能性を示唆する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ