国民民主、立民会派からの離脱を協議 23日に結論へ

 国民民主党は22日、党所属の衆院議員(7人)が立憲民主党などと組む衆院での統一会派からの離脱の是非をめぐり、衆院議員を中心に国会内で協議した。結論は出ず、玉木雄一郎代表に判断を一任した。臨時国会召集が26日に迫っていることから、玉木氏は23日に結論を出す意向だ。

 最大の支持母体である連合は立民との連携強化を求めている。党内でも、予算委員会などで多くの質問時間を確保するためにも統一会派の維持を望む意見がある。しかし、憲法改正を含む政策面や国会審議に臨む姿勢が異なることから、離脱論が強まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ