首相、殉職警察官慰霊祭出席「確固たる勇気は私たちの誇り」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は22日、東京都内のホテルで行われた「全国殉職警察職員・警察協力殉難(じゅんなん)者慰霊祭」に出席した。首相は「身をもって示された誇り高き精神と確固たる勇気は私たちの誇り」とあいさつし、殉職者らに哀悼の意を示した。

 慰霊祭は殉職した警察官と人命救助で亡くなった市民を慰霊するため、毎年行われている。今年は殉職した警察職員2柱と殉難した協力者3柱を加えた計6244柱の名簿が奉納された。

 出席した小此木八郎国家公安委員長は「御霊(みたま)を前にして、改めて国民を守るという尊い使命感に、他者をいたわる誠に温かい心に深甚なる敬意を表する」と悼んだ。

 7月、静岡県吉田町の工場で起きた火災で、爆発に巻き込まれて殉職した県警牧之原署の巡査長、関口孝隆さん(43)=当時=の上司、戸塚浩之署長は「あなたの崇高な志を引き継ぎ、決意を新たにし、治安維持に全力を尽くす」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ