総裁選争った岸田前政調会長、石破氏の派閥会長辞任「理由知りたい」

 自民党の岸田文雄前政調会長は22日、9月の総裁選で争った石破茂元幹事長が石破派(水月会)会長を辞任することについて「突然のことでびっくりしている。理由を知りたい」と述べた。出馬の意欲を表明している次期総裁選への影響に関しては「まずは自分の足元を固めたい」と述べるにとどめた。岸田派(宏池会)会合後、記者団の取材に答えた。

 石破氏に対する評価は「総裁候補としても派閥会長としても大きな実績を残し、豊かな経験や見識を示してきた」と強調した。

 これに先立つ岸田派会合では、野田聖子幹事長代行らとともに立ち上げる出産育児一時金の勉強会などを発足させることに言及。「政策を通じてさまざまな国会議員と連携し、輪をつくっていきたい。宏池会の活動を広げていくためにも大変重要な取り組みだ」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ