加藤長官「高い関心で動向注視」 中国・千人計画

 加藤勝信官房長官は22日午前の記者会見で、中国政府が海外の研究者を知的財産窃取のためのスパイとして活用しているとされる通称「千人計画」について「国内外でさまざまな報道、議論があることは承知している。政府としては引き続き高い関心を持って、関連の動向を注視していきたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ