加藤長官「高い関心で注視」 米大統領選 邦人保護に万全尽くす

 加藤勝信官房長官は22日午前の記者会見で、11月3日実施の米大統領選について「同盟国である米国の内政動向は日ごろから推移やどうした影響が生じるのか含めて高い関心を持って注視している」と述べた。

 米大統領選をめぐっては共和党のトランプ大統領が投票結果を受け入れない可能性を示しており、混乱も予想されている。

 加藤氏は米国での邦人保護について一般論と断った上で「海外に渡航・滞在する安全確保は政府の最も重要な責務の一つだ。政府としては引き続き邦人の保護に万全を期していきたい」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ