「自由で開かれたインド太平洋」でASEANと緊密連携 初外遊の菅首相が会見

 【ジャカルタ=田村龍彦】菅義偉(すが・よしひで)首相は21日、就任後初めての外遊として訪問中のインドネシア・ジャカルタで記者会見を行い、「私自身が首脳外交を展開して東南アジア諸国連合(ASEAN)と緊密に連携する」と述べ、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に取り組む考えを重ねて示した。

 首相は「日本とASEANはインド太平洋で法の支配、開放性の基本原則の実現を目指している」と強調。南シナ海への進出を活発化させている中国を念頭に、法の支配に逆行する動きが起きており、懸念を持って注視しているとも語った。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を踏まえ、サプライチェーン(供給網)の強靱(きょうじん)化を図りたいと述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ