日インドネシア首脳が会談 対コロナ500億円借款 東・南シナ海懸念共有

 【ジャカルタ=田村龍彦】東南アジア歴訪中の菅義偉(すが・よしひで)首相は20日、インドネシアの首都ジャカルタ南方ボゴールの大統領宮殿でジョコ大統領と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大で悪化する経済の回復に向け日本が500億円規模の円借款供与を行うことや人の往来の促進で一致した。安全保障面での連携も確認した。

 首相は会談で、法の支配など東南アジア諸国連合(ASEAN)独自の「インド太平洋」構想について、日本が進める「自由で開かれたインド太平洋」と「多くの本質的な共通点を有している」と述べ、支持を表明。ジョコ氏も、ASEANの構想と日本の「インド太平洋」の相乗効果に期待し、日本との協力を進める考えを示した。

 両首脳は中国を念頭に南シナ海や東シナ海での一方的な現状変更の試みに対する懸念を共有。ジョコ氏は記者発表で「安全な水域にしていきたい」と述べた。

 会談では2015年に初めて開催した外務・防衛閣僚会合(2プラス2)の早期実施や、日本からの防衛装備品の移転に向けた協議の加速化でも一致した。

 インドネシアは新型コロナの感染拡大が続き、経済に打撃を受けている。首相は「戦略的パートナーのインドネシアと新型コロナ感染症をともに乗り越える」と強調。円借款はインドネシアの防災対応強化を目的とし、防災負担を軽減することでコロナ対策に予算を充てる狙いだ。首相は医療物資や機材の支援なども進める考えを示した。

 また、日本への看護師や介護福祉士候補の入国緩和を確認したほか、14日間待機の免除などビジネス目的の短期出張者の早期往来再開に向け緊密に調整を進めることで合意した。首相は21日に記者会見を行った後、帰国する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ