日豪「準同盟」深化 国防相会談、中国への危機感共有

 岸信夫防衛相が19日に行ったオーストラリアのレイノルズ国防相との会談で、自衛隊が豪軍艦艇などを守る「武器等防護」の実施に向けて調整を始めることで合意したのは、海洋活動を活発化させる中国への危機感の高まりからだ。中国の拡張主義的な動きは、日豪関係の「準同盟」化を確実に深化させる形となっている。

 「日豪の共同訓練は積み上がってきており、相互運用性の向上は不可欠だ。(武器等防護の実施は)自衛隊と豪軍連携の基礎となる」

 岸氏は会談後、記者団に豪軍との間で武器等防護を実施する意義をこう強調した。

 両氏の会談直後から南シナ海で日米豪の艦艇による共同訓練を実施するなど、日豪の防衛協力関係は深まってきている。レイノルズ氏も共同記者発表で「南シナ海で合同演習が実施できていることを喜ばしく思う」と言及した。

 オーストラリアの対中観は新型コロナウイルスの感染拡大以降、特に悪化している。昨年11月に当時の河野太郎防衛相とレイノルズ氏が会談した際の共同声明では「南シナ海、東シナ海を含む地域情勢について意見を交換した」との表現にとどまっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ