首相、初の訪問先ベトナムで首脳会談へ 経済・安保協力確認

 【ハノイ=田村龍彦】菅義偉(すがよしひで)首相は19日午前(日本時間同)、就任後初の訪問先となるベトナムの首都ハノイでフック首相と会談する。南シナ海への進出を続ける中国を念頭に、日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋」構想の推進や、経済や安全保障分野での協力などを確認する。

 ベトナムは今年の東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国で、南シナ海では軍事拠点化の動きを強める中国と対峙(たいじ)している。

 両首脳は、法の支配など「自由で開かれたインド太平洋」の推進に向けた連携を確認。新型コロナウイルスの感染拡大でマスクや医薬品の供給が滞ったことから、サプライチェーン(供給網)の強化に向けた協力も話し合う見通し。日本からの防衛装備品の輸出など安保協力でも一致する。

 また、菅首相は同日午後、両政府が設立した日越大学で、菅政権の外交方針や対ASEAN政策などに関するスピーチも行う。

 今回の東南アジア訪問には、ファーストレディーとなった真理子夫人も同行し、外交デビュー。19日はフック首相夫人との昼食会や視察などに臨む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ