公明・山口代表、都構想で維新と合同演説 挙党態勢アピール

 11月1日に投開票される大阪都構想の住民投票をめぐり、公明党の山口那津男代表が18日、推進派である大阪維新の会代表の松井一郎・大阪市長らとの合同街頭演説に臨み、「賛成」を呼びかけた。公明は平成27年の前回住民投票で反対派の急先(せん)鋒(ぽう)として活動し、推進派に転じた今も支持者らに反対意見が根強い。知名度が高い山口氏の大阪入りで挙党態勢を打ち出し、理解を広げたい考えだ。

 「二重行政をやめて一本化し、関西地域の発展の先頭に立つ。そうした大阪をつくることが大事だ」

 山口氏はこの日、大阪・梅田のJR大阪駅前で党の街宣車に乗り込み、都構想の意義をこう訴えた。公明が注文した「住民サービスの維持」など4条件により協定書(設計図)が改善されたことにも言及。沿道の聴衆からは大きな拍手がわき起こった。

 街宣車で山口氏と肩を並べた松井氏は「大阪を東京に並ぶ大都市に成長させたい一点で(両党が)一致している」と強調。維新代表代行の吉村洋文大阪府知事は「(公明とは)ぶつかることもあったが、一緒に(都構想の)案を作ろうとやってきた」と語り、共闘をアピールした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ