自民・岸田前政調会長「核廃絶取り組む」 次期首相へ重ねて意欲

 自民党の岸田文雄前政調会長は18日、次期首相に重ねて意欲を示した上で、核廃絶の実現に重点的に取り組む考えを強調した。広島市で記者団に「首相を目指して努力を続ける。核兵器のない世界を重要な取り組みに位置付けたい」と語った。

 外相時代に設立を主導した、核兵器保有国と非保有国の有識者が核軍縮の方策を話し合う「賢人会議」に関し「政治レベルまで引き上げられるように努力する」と述べ、政府への働き掛けを強める意向も示した。

 岸田氏は、核廃絶への思いをつづった著書を15日に出版。この日は広島平和記念資料館の視察や、松井一実広島市長との対談イベントをこなした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ