菅首相、初外遊先のベトナムに出発 信頼関係構築に意欲

 菅義偉(すが・よしひで)首相は18日、就任後初めての外国訪問となるベトナムとインドネシアに向け、政府専用機で東京・羽田空港を出発した。

 これに先立ち、首相は記者団に「未来の2国間の関係、東南アジア諸国連合(ASEAN)の関係、その発展について両首脳とゆっくりと話し合い、信頼関係を構築していきたい」と述べた。

 同時に「ASEANは日本が推進する自由で開かれたインド太平洋を実現するためには極めて重要な鍵、そしてパートナーだ。地域の平和と繁栄のために貢献する決意を国の内外にしっかりと示していきたい」とも語った。

 新型コロナウイルス感染症対策をめぐる、両国との協力関係の構築にも意欲を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ