石垣市議会議長、尖閣視察・調査支援を 加藤官房長官に意見書

 沖縄県石垣市議会の平良秀之議長は16日、加藤勝信官房長官と首相官邸で面会し、沖縄県の尖閣諸島(同市)周辺で中国海警局の船による領海侵入が続いている問題に絡み、市議による尖閣視察と調査を支援するよう求める市議会の意見書を手渡した。平良氏は「平成24年の国有化以来大変厳しい状況に置かれている」として、日本漁船が追尾されたことも訴えた。

 加藤氏は、中国側に抗議していると説明した上で「漁業者の皆さまをしっかり守っていく」と述べた。平良氏は15日に茂木敏充外相にも同じ意見書を提出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ