自民党石原派 新体制で船出 存在感維持へ派内で結束

 このほか、文部科学副大臣に田野瀬太道氏、総務政務官に宮路拓馬氏、党では内閣第1部会長に冨岡勉氏が就任するなど人事面で厚遇された。派閥幹部は「今回は山崎氏が前面に出なかったからうまくいった」と胸をなでおろすが、総裁選での「論功行賞」との見方がされている。

 首相もパーティーでは「石原氏や森山氏はじめ、先生方に総裁選では大変お世話になった」と感謝の言葉を述べた。

 派内では新たな動きもあった。これまで事務総長を務めていた坂本氏が入閣したため、森山氏が事務総長に就任した。国会運営に定評があり、首相からの信頼も厚い森山氏の就任に若手議員は「派閥としてより重みが増した」と歓迎する。

 森山氏はパーティーで「石原会長の下、団結してお国のために頑張っていきたい」と改めて派閥の結束を呼びかけた。

 これまで同派は存続をかけ、谷垣グループ(有隣会)などとの合流話が浮かんだが、いずれも立ち消えとなってきた。ただ、「このままでの状態では存続していけない」(石原派関係者)との危機感もあり、派閥の勢力拡大も視野に入れる。派内でも幹部と若手議員の結束を改めて強め、党内で存在感を維持したい考えだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ