岸防衛相、エスパー米国防長官と電話会談 イージス洋上案協議

 岸信夫防衛相は7日、米国のエスパー国防長官と電話で会談した。両氏は日本政府が配備を断念した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア(地上イージス)」の代替策について協議し、敵ミサイルの捕捉から迎撃までを洋上で行う「洋上案」に関し、技術面も含め日米で緊密に連携して検討を進めることを確認した。

 岸氏の防衛相就任後、他国の防衛閣僚との電話会談は今回が初めて。岸氏は会談後、地上イージス代替策に関し、年末までに一定の方策を示す考えを伝えたことを記者団に明らかにした。

 両氏はインド太平洋地域の最新情勢についても協議。強固な日米同盟を基盤として、両国が地域の平和と繁栄のため一層大きな役割を果たしていくことで一致した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を含む米軍再編を着実に進展させるため、日米で引き続き協力していくことも確認。両氏は米軍の即応性を確保するためには地元の理解と協力が不可欠とし、米軍の安全な運用の確保の重要性を確認した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ