日米外相が結束確認 菅首相、午後にポンペオ国務長官と面会へ

 茂木敏充外相は6日、来日中のポンペオ米国務長官と東京都内で会談した。日米同盟の結束を改めて確認するとともに、北朝鮮などの地域情勢や新型コロナウイルス対応などで意見交換。午後にはオーストラリアとインドの外相も加えた4カ国会合を開催する。また、菅義偉(すが・よしひで)首相は9月の就任後、初の外国要人として官邸でポンペオ氏の表敬を受ける。

 日米外相会談では、覇権主義を強める中国を念頭に、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて緊密な連携を申し合わせる見通し。茂木氏は北朝鮮による日本人拉致問題に帯する米国の支援を要請するほか、新型コロナの治療薬やワクチンの開発・普及などに関しても意見交換するとみられる。

 豪印を加えた4カ国の外相会合では、中国が東シナ海や南シナ海での活動を活発化する中、海洋安全保障などを議論。会合の定例化で合意する見通しで、結束を確認する。

 新型コロナ感染拡大後、国内で初めて開かれる閣僚級会合となり、各外相は入国時の検査や外出制限などの感染対策を徹底する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ