日米豪印外相会談、中国念頭に連携強化へ

 日本、米国、オーストラリア、インド4カ国の外相は6日、東京都内で会合を開く。日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け連携強化を確認し、新型コロナウイルス対策などを協議。覇権主義を強める中国を念頭に結束をアピールする。菅義偉(すが・よしひで)首相と米国のポンペオ国務長官の面会も予定している。

 会合は昨年9月に米ニューヨークで初めて開かれ、今回が2回目。茂木敏充外相とポンペオ氏、ペイン豪外相、ジャイシャンカル印外相が出席する。中国が東シナ海や南シナ海での活動を活発化する中、民主主義などの価値観を共有する4カ国で地域情勢などを議論、定例化を目指す。茂木氏は各国外相との2国間会談も行う。

 新型コロナの感染拡大後、日本で閣僚級国際会議が開かれるのは初めて。各国外相らは自国出発前や入国時のPCR検査や、訪問先の限定などを実施する。

 ポンペオ氏はトランプ大統領の新型コロナ感染で韓国訪問などを取りやめたが、日本は予定通り訪問。首相にとっては就任以来初の外国の閣僚との面会で、中国などの外相に先駆けてポンペオ氏と会うことで強固な日米関係を示す狙いもあるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ