日米豪印外相会談で“中国・習政権封じ” 対する中国外務省は軍事演習動画で“軍事的恫喝” 菅政権は米国の対中包囲網に全面協力すべき

 米国主導の「日米豪印戦略対話(QUAD=クアッド)」も動き出している。これには、英国やEU(欧州連合)、カナダ、台湾など民主主義諸国・地域を結集させる将来像も描かれている。

 4カ国外相会談について、中国外務省の汪文斌副報道局長は9月29日の記者会見で、「いかなる多国間協力も第三国に照準を合わせたものであってはならない」と警戒感を示した。

 それだけではない。中国人民解放軍は9月28日、南シナ海と東シナ海、黄海、渤海の4海域で軍事演習を同時実施した。中国国営放送「中国中央テレビ(CCTV)」では、台湾海峡を管轄する東部戦区が市街戦を想定して行った演習の様子を動画を公開している。

 4カ国外相会談への軍事的恫喝(どうかつ)に他ならない。

 米国情勢に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は「4カ国外相会談が、中国への圧力を強めるために行われるのは当然だ。オーストラリアやインドが中国に厳しい姿勢を取っているため、より中国へ強硬な姿勢を示すのはいいタイミングといえる。米国などとしては、就任したばかりの菅首相や同政権がどのような認識かを知りたいのだろう」と指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ