日米豪印外相会談で“中国・習政権封じ” 対する中国外務省は軍事演習動画で“軍事的恫喝” 菅政権は米国の対中包囲網に全面協力すべき

 ドナルド・トランプ米大統領は、新型コロナウイルスに感染して2日夕から首都ワシントン郊外にある軍の病院に入院している。「早期退院説」と「数日が正念場説」が流れるなか、マイク・ポンペオ米国務長官はアジア歴訪日程を短縮したが、東京で6日開催される日本とオーストラリア、インドとの4カ国外相会談には出席する。会談では、中国共産党政権の軍事的覇権拡大に対抗する「自由で開かれたインド太平洋」構想の推進に向けた連携強化を確認するが、中国は軍事演習を行うなどして牽制(けんせい)した。菅義偉首相とポンペオ氏の会談も予定されており、菅首相の国家観や外交姿勢が確認されそうだ。

 米国務省は3日、ポンペオ氏が4~8日の日程で予定していたアジア歴訪日程を4~6日に短縮し、韓国とモンゴル訪問を中止すると発表した。ポンペオ氏は前日、歴訪予定は変更しない考えを表明したばかりだった。

 トランプ氏の容体が今後数日間、予断を許さない状況であることが3日判明し、日程短縮に踏み切った可能性がある。不測の事態が起きた場合のポンペオ氏の大統領職の継承順位は4位。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ