小泉環境相、はんこ廃止を表明 赤羽国交相も検討指示

 小泉進次郎環境相は25日の記者会見で、政府のデジタル化推進に関連し「前例主義にとらわれず、省内のはんこ業務を廃止する方向で速やかに見直す」と表明した。育児休業の申請など一部の手続きは同日から押印を不要とする。月内にも内規を改正して対象を拡大する考えを示した。

 赤羽一嘉国土交通相も記者会見で「行政手続きのデジタル化は重要だ。民間事業者の手続きは原則、押印を不要とする方向で検討するよう各局に指示した」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ