自民・岸田前政調会長「私自身が変わっていかなければ」

 自民党の岸田文雄前政調会長は24日、東京都内で開かれた岸田派(宏池会)の会合で、菅義偉(すが・よしひで)首相に敗れた総裁選を振り返り、「私自身が努力し、変わっていかなければならない」と述べた。「(岸田派の)多くの議員が一致結束して戦いに臨んでもらえたことは私の財産だ。心から感謝を申し上げたい」とも強調した。

 これに先立ち、岸田派は総裁選の総括も行った。所属議員からは派の情報収集力不足などが指摘され、「負けるべくして負けた」(ベテラン)との厳しい意見も上がった。岸田氏は既に次期総裁選出馬に意欲を示しており、今後は課題の地方回りに派として力を入れていく考えだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ