首相「ポスト菅」候補へ河野、加藤、武田各氏らを処遇 小泉氏は「追試」

 ただ、派には再任された茂木敏充外相を推す声もある。加藤氏が目立つ立場になったことで、派内にはさざ波も立っている。

 菅氏は今回の人事で、武田氏にもスポットライトをあてた。総務行政は門外漢だが、政策実行力を買い、菅政権が目玉政策と位置づける携帯電話料金の値下げを担当させた。所属する二階派(志帥会)には首相候補が見当たらないだけに、今回、武田氏が結果を出すかどうかが注目される。

 小泉進次郎環境相は、昨秋の就任直後は調整力が疑問視された。再任したのは、将来の首相候補として「追試の意味合いがある」(政府関係者)という。

 一方、党内最大派閥の細田派(清和政策研究会)には複雑な受け止めが広がっている。同派元会長の森喜朗元首相は、西村康稔経済再生担当相と萩生田光一文部科学相を「両輪」と呼び、次のリーダー候補と位置付けている。

 首相は西村、萩生田両氏を前政権と同じポストで処遇し、総裁選への出馬意欲を隠さない下村博文政調会長を党四役に起用した。逆に、稲田朋美元防衛相は要職に置かなかった。

 派が一枚岩になれなければ最大派閥のメリットは失われる。派内では、それぞれの人物に強弱をつけた首相の対応をめぐり「派が分断されるのではないか」と不安がる向きもある。

 また、今回の総裁選に出馬した岸田文雄前政調会長と石破茂元幹事長はいずれも無役となり、厳しい立場に立たされた。今後の総裁選で年下の河野氏らが出馬した場合、「世代交代」の波にのまれる可能性もある。(沢田大典)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ