サイバー戦の精鋭隊員養成 防衛省、予算概算要求に経費計上 

 防衛省が来年度末、サイバー防衛でトップガンと呼ばれるような高度な技術を持つ隊員を養成する教育専門部隊を自衛隊に新設することが22日、分かった。巧妙化するサイバー攻撃に対処するための実戦的な教育訓練を行い、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング=職場内訓練)という能力開発手法も導入して優れた技量の人材の早期養成を目指す。来年度予算概算要求に関連経費を計上する。

 ■教育部隊、年間数十人を想定

 コンピューターやネットワークで構築されたサイバー空間は、従来の陸海空を超えた戦闘領域に位置付けられる。攻撃により指揮統制システムの混乱や装備の誤作動を招く恐れがある。

 サイバー防衛の教育専門部隊は陸海空3自衛隊の共同の部隊として発足させ、年間に数十人の隊員に教育を行うことを想定している。部隊は陸上自衛隊久里浜(くりはま)駐屯地(神奈川県横須賀市)に置く。

 久里浜駐屯地にある陸自通信学校には昨年度、3自衛隊のサイバー共通課程を設置している。同課程がサイバーセキュリティーの知識を習得させる座学が中心なのに対し、新設する教育専門部隊はそれ以上のレベルの隊員養成で、サイバー攻撃対処の運用に特化した実技を体得させる戦技教育であるのが特徴だ。

 教育訓練では実際に運用している情報収集装置を使う。サイバー空間を活用した防衛省・自衛隊の情報通信ネットワークに対するサイバー攻撃の兆候を早期に察知し、攻撃手段の特定や防護、被害の未然防止に資する情報収集と分析の技量を身につけさせる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ