安倍政権を振り返る 「グローバル外交も対韓関係悪化」 韓国 尹徳敏・韓国外国語大教授

 第1次安倍政権(2006年~07年)は日本経済が長期不況の中、わずか1年で終わったが、約5年後に発足した第2次政権は7年8カ月にわたる長期政権となり、安倍晋三首相は(バブル崩壊後に日本経済が停滞した)「失われた20年」の克服の契機をつくり、経済回復に尽くした。安倍氏の現実主義が経済政策に反映された。外交面では、米国との関係を強め、世界各国を回りグローバル外交を展開した。

 中でも人事がよかった。麻生太郎氏や岸田文雄氏ら別の派閥の領袖(りょうしゅう)を重要ポストに起用した上に、官僚出身の谷内正太郎氏を初代の国家安全保障局長に、黒田東彦氏を日銀総裁に抜擢(ばってき)するなど、官僚との関係も巧みにやった。こうした人選が安倍氏の政権運営を支えた。

 ただ1つ、残念なのが韓国との関係だ。関係悪化の意図はなかったと思われるが、安倍氏の歴史観には、韓国にとっては「歴史修正主義」的な面もあった。

 特にそうした考え方が明確に出たのは2015年8月に発表した「戦後70年談話」だ。安倍氏はこの時、日露戦争における勝利がアジアの人々を勇気づけた、と語った。(朝鮮半島の権益をめぐる争いで起きた日露戦争の結果、日本の保護国化、併合された)韓国としては、この歴史観は受け入れられない。韓国で日本との関係を良くしようという努力がある中、問題を難しくしてしまった面がある。

 韓国では歴史観を重視しており、安倍政権は特に13年から4年間の朴槿恵(パク・クネ)政権との相性が良くなかった。これが両国関係に響いた。続く左派の文在寅(ムン・ジェイン)政権も安倍政権とぶつかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ