西村前副長官「困難な時代に真のリーダーシップ」 涙こらえ秘書官らに感謝と激励

 菅義偉政権発足に伴い退任した西村明宏前官房副長官は17日、首相官邸エントランスで女性職員から花束を受け取り、坂井学、岡田直樹両官房副長官や職員らから万雷の拍手を受け、笑顔で官邸を去った。

 これに先立ち、西村氏は官邸内で内閣官房職員にあいさつした。就任直後の昨年9月の米ニューヨークでの日米首脳会談や、台風19号といった自然災害、令和への改元、新型コロナウイルス感染症対策などを挙げ、「大変濃密な1年だった」と振り返った。

 西村氏は「私が職務を全うできたのは皆さまの支えがあったからだ」と謝意を述べた。秘書官3人の名前を挙げ、涙をこらえ言葉に詰まる場面もあった。

 その上で「困難な時代だからこそ、真のリーダーシップが求められる。菅首相が大きなリーダーシップを発揮して日本国を間違いない方向へ持っていけるように、ぜひ力を貸してほしい」と職員を激励した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ