「河野さんよく言ったよ!」「さっそく改革ですね」 未明の就任会見“やめたらいい”と批判の河野行革担当相に共感の声が殺到

 16日に発足した菅義偉内閣の河野太郎行政改革担当相が17日未明に首相官邸で行った記者会見で、「こんなものさっさとやめたらいいと思う」と発言。新内閣が発足した際、初閣議後に首相官邸で閣僚が順番に記者会見を行う慣例を批判した。ネット上では「深夜の記者会見をだれが望んでいるのでしょう。これこそ悪しき慣習ですね」「さっそく改革ですね。もうこういう非効率なシステムはどんどん変えていけばいい」と賛同する声が多数あがり、ツイッターでは就任早々、「河野行革相」がトレンド入りする大反響となった。

 河野氏は17日午前0時半すぎ、自身のツイッターを更新。「とうとう50分遅れ」とつぶやき、会見の開始時刻が遅れていることを打ち明けた。すでに日付は変わっていたため、リプ欄には「それはツライ 真夜中になってしまいますね」「これって意味あるの?せめて明日やればいいのじゃないかと思うのだが」「そら遠回しに嫌味の一つも言いたくなるわ」「もうお先に寝ますね」と、河野氏をねぎらう声が相次いで寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ