法大同期・剛柔流空手道部主将が明かす菅新首相秘話 五輪へ「菅カラー出して」

 自民党の菅義偉総裁(71)は16日、衆参両院本会議の首相指名選挙で第99代首相に選出された。菅新首相は法大時代、剛柔流空手道部に所属し副将を務めた。同期で主将だった岡本信寿(のぶひさ)さん(70)=自営業=がサンケイスポーツの取材に応じ、「部活動皆勤」「腕相撲チャンピオン」「笑ったらかわいい」などと素顔を紹介。空手が初めて正式競技に採用される来夏の東京五輪へ、法大出身初の首相に「菅カラーを出してほしい」とエールを送った。(取材構成・石井文敏)

 菅新首相誕生の瞬間はテレビで見届けた。法大初の首相誕生に、剛柔流空手道部で同期だった岡本さんは万歳。「菅が日本のリーダーになり、感無量で誇らしい。(在校生、OB、OGら)みなさんに大きな喜びがあると思います」と歓迎した。

 青春時代、ともに空手に打ち込み、汗を流した仲。学生のときの菅氏を「真面目。元気もあり、明るかった。にっこり笑ったら、かわいい。(空手の)突きが強かった。スピードがあって力もあった」と振り返った。

 同部は大学公認のサークルだが、練習は週6日、2時間半の稽古と本格的だった。ときには練習拠点の東京・市ケ谷キャンパスから皇居までを往復する20キロ走も加わることも。上下関係も厳しく、「ミスをしたら連帯責任で腕立て100回だった。でも、ときに先輩の悪口を言いながら絆が生まれた」と肉体を鍛え、強い精神力を養った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ