【閣僚の横顔】河野行政改革担当相 防衛相時代は「新タイプ」 調整力と気配り課題

 祖父が元副総理の一郎氏、父が元自民党総裁の洋平氏の政治家一家。2年間で77の国・地域を訪問した外相時代に続き、昨年9月の防衛相就任後も頻繁に海外出張し、「新しいタイプの防衛相」(菅義偉首相)と評された。一方、ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の計画断念を与党に根回しせずに発表し、不興を買った。次期首相の座に意欲を燃やすが、調整力と気配りが課題だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ