甲信越3県連、菅氏に6票 「政権支える」

 自民党総裁選が14日行われ、菅義偉官房長官(71)が岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)を破って新総裁に選出された。菅氏は同都道府県連が持つ地方票3票のうち、新潟で3票、長野で2票、山梨で1票を獲得し、甲信越3県でも一定の支持が広がった。新総裁の決定を受け、早期の解散・総選挙をにらんだ動きが各県内で今後本格化しそうだ。

 ■山梨は岸田氏に2票

 山梨県連が14日発表した県内の党員による予備選の開票結果は、岸田氏が5031票、菅氏が3215票、石破氏が1882票だった。県連に割り振られた総裁選の3票をドント方式で計算し、東京都内で開かれた両院議員総会で皆川巌会長代行らが岸田氏に2票、菅氏に1票を入れた。

 国会議員による投票では、堀内詔子衆院議員(山梨2区)と県連会長の森屋宏参院議員(山梨選挙区)の岸田派2人が岸田氏に投票。竹下派の中谷真一衆院議員(比例南関東)と細田派の赤池誠章参院議員(比例)が菅氏に票を投じた。

 森屋氏は産経新聞の電話取材に「予備選で党員の意思を示せたことはよかった。菅さんに決まった以上、一致団結して政権を支える。岸田さんは2位になって、次への足掛かりができた」と話した。

 菅氏支持を表明していた元二階派衆院議員の長崎幸太郎知事は「菅新総裁が取り組む経済対策、感染症対策、地方創生などに最大限協力していく」とのコメントを発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ