森山国対委員長「7割獲得で何より」 自民党総裁選

 自民党の森山裕国対委員長は14日午後、党両院議員総会で菅義偉(すが・よしひで)官房長官が新総裁に選出された結果について「(全体の)7割ぐらいの票を獲得され、新しい総裁に選任されたことは何よりだった」と歓迎した。都内で記者団に語った。

 森山氏は菅氏が訴える規制改革について「縦割り行政はあまり効率がよくないと皆感じている。改革は難しいところもあるが、日本の将来のため、ダイナミックに進めていくことが大事だ。そのためには国民の理解をいただく努力が必要だ」と指摘。近く行われる党役員人事や内閣改造に関しては「ダイナミックに政策を進められる人事を思い切ってやっていただくことがいいと思う」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ