公開討論会で地方創生 石破氏「地方のことは地方で」 菅氏「国が施策を行うべき」

 自民党の菅義偉(すが・よしひで)官房長官と石破茂元幹事長は12日午後、日本記者クラブで行われた自民党総裁選の公開討論会で、互いに取り組んできた地方創生をめぐり論戦を交わした。

 ふるさと納税制度を導入した菅氏が石破氏に地方活性化の在り方に質問すると、石破氏は「自分のまちのことは自分で考える。総合戦略はそういうもの。役所だけが作っちゃだめだ。地方のことは地方が一番、分かっている。霞が関ではない」と中央主導で進める菅氏の手法に疑問を呈した。一方、菅氏は「事実そうだ」と認めたうえで「国として地方が活性化をするような施策を行うべきだ」と反論。安倍晋三政権で、地方創生の切り札としてインバウンド(外国人観光客)と農業改革が一定の成果を上げたことを強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ